マーケティング、売上アップをサポート

宮治税理士が親身になってお客様の会社に利益をもたらすご提案をお約束します。

源泉所得税の納付

 

源泉所得税の納付

  2013/08/31

法人でも個人でも給料を支払ったり、我々税理士のような士業(全ての士業ではありません)に報酬を支払う際には源泉徴収というものをする必要があります。 例えば10万円の給料を支払う際に2,000円の税金分を天引きして98,00
…続きを読む

青色申告の承認申請書

  2013/08/13

法人を設立したならば、基本的には青色申告を行うことをおススメします。 青色申告を選択することによる特典については別項にて解説していますが、青色申告は「承認制」となっていますので事前に申請する必要があります。 そのため届出
…続きを読む

法人設立届出書

  2013/08/09

会社を設立した際に必ず提出すべき届出書が「法人設立届出書」となります。 とにかくこの届出書の提出を行わなければ整理番号が付与されませんので、その後の源泉所得税の納付など様々な事務作業に支障をきたしてしまいます。 この届出
…続きを読む

会社を設立したら提出すべき税務届出

  2013/08/09

会社を設立すると税務署などに各種届出書を提出する必要があります。 まず、必ず提出すべきは「法人設立届出書」。 そして、基本的には青色申告を行うことになるはずですから「青色申告の承認申請書」。 また、役員や従業員に給料を支
…続きを読む

特定期間による消費税の納税義務の判定

  2013/08/07

従来、消費税の納税義務の判定というのは基準期間(2年前の事業年度)の課税売上高が1,000万円を超えるか否かで行われるものでした。 これが平成23年度の改正により変更となり、もう1段階の判定を行うこととなりました。 基準
…続きを読む

消費税の納税義務の有無による届出

  2013/08/03

消費税の納税義務が発生するかどうかの判断は基準期間と言われる2年前の課税売上高(消費税が課税される売上)が1,000万円を超えるかどうかによって行います。 消費税の納税義務がある個人事業者や法人のことを「課税事業者」、反
…続きを読む

消費税の簡易課税制度

  2013/08/02

消費税の納税義務があることになった場合、納税する消費税の計算式は原則的には「預かった消費税-支払った消費税」となります。 しかし、全ての取引に消費税が課税されている訳ではありません。例えばお給料を支払う際に基本給20万円
…続きを読む

消費税の納税義務者の選択

  2013/08/01

基本的に基準期間の課税売上高が1,000万円以下であれば消費税の納税義務は負わない、ということになりますが、自ら納税義務を負うことを選択することも可能です。 これはわざわざ消費税を納めようということではなく還付を目的とす
…続きを読む

新設法人の消費税の納税義務

  2013/08/01

新たに会社を設立した際の消費税の納税義務について概要を説明します。 「会社を設立して2年間は消費税を納める義務がない」というのはよく聞く話だと思いますが、実際に消費税の納税義務があるかどうかというのは2年前の売上高により
…続きを読む