札幌 税理士事務所/会計事務所が税務調査対策や相続税対策をサポート

どんな対策が出来て、どんな人に対策が必要なのか、相続の際には様々な問題が出てきます

どうすれば後悔しない相続対策ができるのか?

さて相続対策には「相続申告対策」「相続税納税対策」「争族対策」の3つの意味がありますが、いずれも生前に行っておかなければならないものです。
まず相続税が発生する程財産をお持ちの方は上記3つの対策全てを行う必要があります。
現在相続税は最高税率が50%ですので、ある一定ラインを越えて財産をお持ちの方は何も対策をしなければ築いた財産の約半分は税金で持って行かれることとなります。

どうすれば後悔しない相続対策ができるのか?

自分は相続税がかからないから関係ない!?

「相続税がかからない人にも相続対策は必要です」 もちろん相続税が発生しないので「相続申告対策」「相続納税対策」は不要です。 しかし、相続税がかからない人でも「争族対策」は必要になります。 なぜか?揉めるからです。

「寝たきりの親の面倒をみた長女」
「医大に行かせてもらった長男、高卒で就職した次男」
「唯一の財産である自宅は誰が相続するのか?」

どうでしょう?揉めませんか? 家族というものは普段お互いに思うところがあっても余程のことでもない限り胸にしまっているものです。しかし相続となると途端に変貌してしまいます。

自分は相続税がかからないから関係ない!?