源泉所得税の納税は原則として毎月行う必要がありますが、スモールカンパニーにとって毎月納付作業を行うことは面倒なことです。

そのため、常時給与の支払いをうける人(役員も含めます)が10人未満である事業者(個人、法人問わず)についてはこの申請書を提出することにより、半年に一度の納付でよくなります。

具体的な納期限は以下の通りです。

①1月~6月分 7月10日まで

②7月~12月分 翌年1月20日まで

なお、以前までは②の納期限は「翌年1月10日」でしたが正月休みなどにより稼働日が少ないことや年末調整という特殊な業務が入ることなどを考慮して1月20日となりました。ただし、①に関しては7月10日で変更ありませんので注意が必要です。

 

この書類は「承認」の申請書であるため申請し、承認を得る必要がありますが、基本的には自動的に承認されることになります。

ただし、承認というワンクッションがあることから、納期の特例の適用を受けることができるのは申請書を提出した日の属する月の翌月に支給する分から、となりますので、こちらも注意が必要となります。

例えば8月に申請書を提出したのであれば9月に支給し10月に納付する分からが対象となるので8月に支給し9月に納付する分については9月10日までに納付しなければ不納付加算税の対象となってしまいます。