会社を設立すると税務署などに各種届出書を提出する必要があります。

まず、必ず提出すべきは「法人設立届出書」。

そして、基本的には青色申告を行うことになるはずですから「青色申告の承認申請書」。

また、役員や従業員に給料を支払うでしょうから「給与支払事務所等の開設届出書」。

あとは必要に応じて「棚卸資産の評価方法の届出書」「減価償却資産の償却方法の届出書」「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出することになります。

それぞれの届出書・申請書の内容については個別に解説しますが、特に注意が必要なのが「青色申告の承認申請書」です。

こちらは提出が遅れると1期目や2期目に青色申告の適用を受けられなくなってしまいます。

特に青色申告の特典の一つに「欠損金の繰越控除」という赤字を将来の黒字と相殺できるという規定があり、1期目はイニシャルコストの分だけ赤字になりやすいのに、青色申告の適用を受けられないために、その赤字が切り捨てになってしまうというのは非常にもったいないことです。